2016年 7月 の投稿一覧

Windows10無料アップデートの怪

Windows10の無料アプデ締切が迫ってきたので、デッドストックになっていたWin7や8が数パッケージありましたので、とりあえず10へのアップグレート権利を確保しておくために、仮想PCや、これまでBootCampパーテーションを作っていなかったMacにインストールして、次々に10へアップデートをかけていました。
Windowsは、クリーンインストールする際には、ライセンスごとに割り当てられたプロダクトキーが必要になります。今回慌ててアップデートをかけたWindows 10にも、同様にそれぞれ割り当てられているプロダクトキーがあるのだろうと思って、それを書き留めておこうと、プロダクトキー解析ツール(通常、インストール後にはプロダクトキーは表示されませんので)を使ったところ、あれれ?!
win7や8からアップデートしたWindows 10は、どれも同じプロダクトキーじゃありませんか。
ProやHomeといったエディションごとの違いはありますが、同じエディションのWindows10であれば、使われているプロダクトキーはどれも全く同じです。しかしPCのプロパティで見えるプロダクトIDは、マシンごとにどれも違っています。
と言うことは、ハードウエア情報に紐付いているプロダクトIDが、個々のライセンスの可否の判別材料になっているということのようです。同じホスト上の仮想マシンでもプロダクトIDは異なっていますが、仮想マシンは個々のMacアドレスを固有割当にしていますので、そのために異なるハードウエアとして処理されたのでしょう。
ということは、旧OSに割り当てられたプロダクトキーのライセンスと10との間の相関性は関係なく、10になるとハードウエア構成情報のみがライセンス認証においては重要、ということになります。
ならばと、仮想マシンで旧OSマシン(8.1)と新OSマシン(10)を同時に起動させたところ、どちらも認証済みになっているではありませんか。
つまり、旧OSのプロダクトキーは、アップデート後のwindows10とは関連性がなく、アップデート後のwindows10はハードウエア情報のみで独り歩きを始めている、と言うことになります。
正規版パッケージのWin7や8を一度でも10に上げておけば、そのインストーラー、つまり旧OSのプロダクトキーにアップグレードの実績が刻み込まれるものと思っていましたが、どうやらそれは間違いで、これら旧OSをインストールしたハードウエアの方に、アップグレードの実績が刻み込まれた、ということのようですね。
各インストーラーパッケージにアップグレードの権利を残させておこうという、当初のもくろみからは大きく外れた結果になりましたが、いずれにしろ、このままデッドストックのまま7月30日を迎えていれば、正規に使える10は入手できなかったのですから、いろいろと検証用に使えるOS環境が増えたと思えば、バタバタと慌ててアップデートした値打ちは、それなりにあったのかなぁ…、と思っておきます。

Windows10駆け込みアップデート

Windows7や8のシステムトレイに、小さな Windows のアイコン(Windows 10 入手アプリ)が表示されていれば、そのままアップデートに進めますが、過去にアップデート通知を拒否していたり、 Windows7や8をインストールした直後では、そのアイコンが出てきません。
Windows10無料アップグレードガイドのサイトを開けば、アップグレードのボタンが用意されているので、小さな Windowsアイコンが出ていない状態で、手動でアップグレードするならば、このページのボタンをクリックするのが、一番手っ取り早いでしょう。

弊社では、倉庫にWindows7や8のインストーラーが、いくつか売れ残って眠っていたので、とりあえずWin10のプロダクトキーだけでも入手しようと、数日前から慌てて、インストール&アップデートを行なっていたのですが、やはりインストールした直後だと、 アップデート用のWindowsのアイコンが出てきません。
そのため最初は、このMicroSoft社の無料アップデートサイトを利用してWindows10に上げていたのですが、サーバーが混雑しているのか、それだと、やたらと時間がかかります。
ネット経由でそのままアップデートできれば、時間がかかる代わりに手間は楽だったのですが、今はもう小さなWindows のアイコンが現れるのを待っている余裕もありません。
幸い、Windows10インストーラーDVDのイメージファイル(ISOファイル)は、今もMicroSoftの公式サイトからダウンロードできます。明日、明後日と締切が迫ってくれば、サーバーの混雑も激しくなってくるでしょうから、オンラインでのアップデートは、さらに時間がかかるようになるかもしれません。
このISOファイルをダウンロードしておけば、ネットに頼らずともアップデートできますから、もしこれから駆け込みアップデートをしようと思っている方は、ここから、ISOファイルを落として、DVDに焼いておきましょう。
焼いて作ったWindows10インストーラーDVDを使ってアップデートすれば、「更新ファイルを探す」をスキップすることもできるので、オンラインでアップデートするよりも、かなり早くアップデートできます。

賢くなってきたスパムメール 元手ゼロでできる対策

普段からよく振り込みにも使っている某国内大手銀行から、先日、「振込受付完了のお知らせ」のメールが届きました。
でも、何の気なしに見ていると、あれあれ?何かおかしい。
確か銀行には登録した覚え無いよな〜、と思うメールアドレス宛に来ているし、振り込み時間は朝の8時13分っ? それって、NHN連続テレビ小説見てた時間だよ???
これってどーゆーことって思い、メールのソースを分析してみたら、送信元のメールアドレスのドメインは、確かにその某大手銀行のドメインのサブドメインを示しているけれど、送られてきた送信元はオランダからで、しかもベトナムのサーバーを経由して届いている。国内大手銀行なら、メール送信サーバーも国内に置いてるはずだから、わざわざベトナムのノードを経由してくる必要もないわけで、そもそも、国内大手銀行がオランダの会社なわけがない。というわけで、これは、最近流行りのウイルス付迷惑メールというわけでした。
しかしまあ、迷惑なスパムメールのクセして、ちゃんと文頭にはご丁寧にも
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【金融機関等を装う電子メールにご注意ください】
「○○銀行」名でお送りする電子メールには、携帯電話向けを除いて全て
電子署名を付けています。電子署名の確認方法等、電子メールのセキュリティ
については、当行のホームページをご覧ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と、注意書きまで書いてあります。

送信元メールアドレスの偽装は、ちっとも難しいことではありませんが、少し前までは、「こいつ、絶対日本人じゃないな!」と思えるような文面のスパムがはびこっていましたので、世界中で最も習得が難しい言語の一つにランクされる日本語が持つ言語的な壁は、スパム発信元もなかなか乗り越えられないみたいだねえ、と思っていたのですが、遂にその言語の壁も乗り越えられてしまったみたいです。
というか、日本語をよく理解しているメンバーをうまく見つけ出して、仲間に引き入れちゃったんでしょうね。
かつては、海外で流ちょうな日本語を操れる人は、それなりに良い職に就けたものですが、今では上手に日本語を喋られるというだけでは良い職に就けず、悪徳組織の暗黒面に魅入られてしまう人も現れてきたと言うことでしょうか。それとも、職にあぶれた日本人が、悪徳組織のリクルートターゲットになったのかもしれませんね。

しかしもしこれが、普段、銀行取引きに使っているメールアドレス宛に来ていて、取引き時間に疑問を感じない時間帯で送られてきていたら…。そう考えると、怖い気もしないではありません。一見すると、なるほど確かに銀行から来るいつものメールの文面にそっくりなのですから。

弊社では今のところ、知人から送られてきた添付ファイル以外は「絶対に開かない」ということにしているので、企業のロボットサーバーから送られてくる自動送信メールの類いは、まず絶対に添付ファイルを開かないよう徹底しています(そもそも、まとな企業からは自動送信メールで添付ファイルなんか付いてきませんから)。
また、メールの送受信はMacで行ない、Windows環境では一切メールを扱わないようにしています。というのも、今のところ、この手の迷惑メールの添付ファイルが悪さ(PC内のファイルを人質にとって身代金を要求してくる、いわゆるランサムウェアと呼ばれる類いのマルウエアようですね)をできるのはWindowsだけなので、もし万が一Macで開いたとしても、問題は無いわけです(とはいえMacOSをターゲットにした迷惑メールが今後出てこない保証もありませんが)。

しかしWindowsでメールを使っておられる方は、「知人から以外の添付ファイルを絶対開かない」を徹底できればいいのですが、ついクリックリッということもありますね。つい開いてしまっても、被害を被らずにすむ方法はないものでしょうか?
この手のスパムメールの添付ファイルには、拡張子が「.js」となっている、パソコンの操作を自動化するスクリプトファイルが入っています。本来は、面倒な操作をワンタッチで済ませられて簡単にしてくれる便利な機能なのですが、この.jsファイルは、ネット上からウィルス本体をダウンロードしてきて、そのウィルスがPC内のファイルを暗号化して開けなくしてしまいます。

.jsファイルの実態は、自動実行する内容を記述した単なるテキストファイルです。このテキスト文を解釈していろいろなコマンドやプログラムを実行するアプリは、Windowsに含まれている「Microsoft Windows Based Script Host」が担っています。ですから、.jsファイルを開くアプリの指定は、初期設定では「Microsoft Windows Based Script Host」となっています。
もし間違って、この.jsファイルをクリックリッとしてしまうと、「Microsoft Windows Based Script Host」が動き出してスクリプト内のテキスト文を解釈して、そこに書かれている悪いサーバーからウィルスをダウンロードしてくる、といった手順で感染が始まります。ですから、.jsファイルを開こうとしても、「Microsoft Windows Based Script Host」が動き出さないようにしておけば、そもそもの感染の端緒となる「.jsファイルの実行」も起こらなくなります。
PC操作の自動化に.jsスクリプトを使っておられる方は、この方法は使えませんが、もしそんなの使ったことがない、これからも使う予定はない、といった方でしたら、コントロールパネルの、プログラムの項。「既定のプログラム」で、「ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け」から、.jsファイルを「Microsoft Windows Based Script Host」以外のアプリに関連付けてしまいましょう。元々、.jsファイルはテキストファイルですから、テキストエディタの「メモ帳」か「ワードパッド」辺りに関連付けるのが無難かもしれません。もし悪意ある.jsファイルを開いても、こうしておけば、「Microsoft Windows Based Script Host」ではなく、メモ帳なりワードパッドなりが開いて、.jsファイルの中身を見せてくれます。見せてくれるだけで終わりです。何も悪さはできませんから。

3度目の熊本県益城町ボランティア

7月初等、再び熊本県の益城町へ行ってきました。
連日、TVテレビなど多くのメディアが押し寄せていた、町中心部の総合体育館やその北側の木山地区などは、日本中に大きく報道されていましたが、そんな報道合戦の渦中から漏れて、世間からの注目もない、だけれど、実は集落全体が壊滅的な被害を負っている、そんな隠れた被災地域が、益城町には点在しています。
今回おとずれた島田地区の東無田も、そんな壊滅的な被害を受けた集落の一つ。200名ほどの集落ですが、地区内のほとんどの建物に赤紙(全壊)が貼られ、いたるところに完全に崩れた家屋が見られ、一見まともに見える建物でも、よく見ると建物全体が斜めになっていたりして、緑の紙が貼られている建物はほとんど見ることができない地区です。
前回、前々回と訪れた木山地区でも驚愕を受けましたが、今回の東無田は、それ以上に倒壊状況がすさまじく、いかにこの辺りが激しい揺れと、悲惨な被災体験をされたのかが、既に3ヶ月が経った今でも、ここに足を踏み入れただけで、すぐに実感しました。

区長さんの話によると、報道カメラは町の中心部にばかり集まり、この東無田のように村外れにまで足を運んでくる取材陣は皆無だったため、同じように被災しているのに世間の注目はまったく寄せられず、ここへは自治体の支援もボランティアも一切来ることが無かったそうです。ただ待っていても支援物資は回ってこない、では取りに行こうということになっても、配給や支援物資は、最寄りの避難所まで片道30分の道のりを足場の悪い中歩いて行かねばならない、というような状況で、神社横(その神社も拝殿が全壊)の小さな公民館を足場に、区長さんや消防団が自主的に避難所や対策本部を立ち上げて、地区の救済に動いたそうです。それでもメディアに注目されない非運から、ボランティアの目にも留まらず、誰も救済の手伝いには来てくれることが無かったと、区長さんは語っていました。
その区長さんが、見るに見かねて町中心部へ出向き、そのあたりにいた報道を一人捕まえて「こんな場所もあるんだ」と、半ば拉致のような形で車に乗せてこの地区へ連れてきたことで、「こんなひどい地区もあるんですね」と一回電波に乗ったことで、ようやく、公益活動を行なっている財団の目に留まり、そこからようやくボランティアが入るようになったとのこと。しかしそこまでに至ったのは、地震発生からなんと1ヶ月も経った後の、5月半ばで、それまでは、地区住民同士の努力だけで乗り切ってきと聞き、なんとも言えない気持ちになってしまいました。
私たちが滞在していた、このタイミングでも、町が運営するボランティアセンターからは、ボランティアの派遣が来ておらず、ここに入っているボランティア団体と、彼らが集めるボランティアだけで、支援活動が行なわれている状態でした。

震災から3ヶ月が経ち、避難所にいた人達も、多くは自宅に戻っておられるようですが、その生活実態は、建物内での起居ができず、庭先で生活されておられる方も多く、車内に生活感が漂う自家用車や、庭にテントを張っておられる家も数多く見かけました。
今回この地区では、避難所での支援作業は既に需要もおさまり、サポートの軸足は各戸への支援に移っていましたので、私たちの今回の活動も、個人宅での瓦やブロック、コンクリート片の運び出しや、破損したコンクリート塀の撤去といった、マンパワーが必要とされる現場での活動に終始しました。

大きな母屋とそれに付随する農業用納屋が建ち並び、出会う住民の方々も年齢層の高い方々が多いという、町中心部とはまた違った環境での被災状況は、今回の訪問で絶対的なマンパワーの不足を感じると同時に、いろいろと考えさせられることも多くありました。
地区の外れでは、仮設住宅の建設が進んでいます。テント生活などを強いられておられる被災者の方々には、一日も早く、畳の上でゆっくたり過ごせる時間を取り戻して欲しいものだと思います。

今回の益城町でのボランティア参加で、ボランティアに入る入口は、各行政区分の社協が設置したボランティアセンターだけではない、ということを正直言って初めて知りました。また行政も全てをカバーしきれていない、ということも知りました。ボランティアの需要に応えたいと思う篤志は、行政が窓口となっているボランティアセンターにだけ目を向けるのではなく、その陰で行政に頼れず(たとえ頼っても行政も余裕がないのでしょう)物資と人手不足に悩みながらも支援活動を行なっている民間のNPOにも、もっと目を向けねばならない、と分かった3回目の益城町訪問でした。

追伸:今回お世話になった、東無田地区に入っているNPO法人「RQ九州」では、引き続きボランティアを募集しておられます。参加の場合は、RQ九州ウェッブサイトにて事前登録なさってください。