3度目の熊本県益城町ボランティア

7月初等、再び熊本県の益城町へ行ってきました。
連日、TVテレビなど多くのメディアが押し寄せていた、町中心部の総合体育館やその北側の木山地区などは、日本中に大きく報道されていましたが、そんな報道合戦の渦中から漏れて、世間からの注目もない、だけれど、実は集落全体が壊滅的な被害を負っている、そんな隠れた被災地域が、益城町には点在しています。
今回おとずれた島田地区の東無田も、そんな壊滅的な被害を受けた集落の一つ。200名ほどの集落ですが、地区内のほとんどの建物に赤紙(全壊)が貼られ、いたるところに完全に崩れた家屋が見られ、一見まともに見える建物でも、よく見ると建物全体が斜めになっていたりして、緑の紙が貼られている建物はほとんど見ることができない地区です。
前回、前々回と訪れた木山地区でも驚愕を受けましたが、今回の東無田は、それ以上に倒壊状況がすさまじく、いかにこの辺りが激しい揺れと、悲惨な被災体験をされたのかが、既に3ヶ月が経った今でも、ここに足を踏み入れただけで、すぐに実感しました。

区長さんの話によると、報道カメラは町の中心部にばかり集まり、この東無田のように村外れにまで足を運んでくる取材陣は皆無だったため、同じように被災しているのに世間の注目はまったく寄せられず、ここへは自治体の支援もボランティアも一切来ることが無かったそうです。ただ待っていても支援物資は回ってこない、では取りに行こうということになっても、配給や支援物資は、最寄りの避難所まで片道30分の道のりを足場の悪い中歩いて行かねばならない、というような状況で、神社横(その神社も拝殿が全壊)の小さな公民館を足場に、区長さんや消防団が自主的に避難所や対策本部を立ち上げて、地区の救済に動いたそうです。それでもメディアに注目されない非運から、ボランティアの目にも留まらず、誰も救済の手伝いには来てくれることが無かったと、区長さんは語っていました。
その区長さんが、見るに見かねて町中心部へ出向き、そのあたりにいた報道を一人捕まえて「こんな場所もあるんだ」と、半ば拉致のような形で車に乗せてこの地区へ連れてきたことで、「こんなひどい地区もあるんですね」と一回電波に乗ったことで、ようやく、公益活動を行なっている財団の目に留まり、そこからようやくボランティアが入るようになったとのこと。しかしそこまでに至ったのは、地震発生からなんと1ヶ月も経った後の、5月半ばで、それまでは、地区住民同士の努力だけで乗り切ってきと聞き、なんとも言えない気持ちになってしまいました。
私たちが滞在していた、このタイミングでも、町が運営するボランティアセンターからは、ボランティアの派遣が来ておらず、ここに入っているボランティア団体と、彼らが集めるボランティアだけで、支援活動が行なわれている状態でした。

震災から3ヶ月が経ち、避難所にいた人達も、多くは自宅に戻っておられるようですが、その生活実態は、建物内での起居ができず、庭先で生活されておられる方も多く、車内に生活感が漂う自家用車や、庭にテントを張っておられる家も数多く見かけました。
今回この地区では、避難所での支援作業は既に需要もおさまり、サポートの軸足は各戸への支援に移っていましたので、私たちの今回の活動も、個人宅での瓦やブロック、コンクリート片の運び出しや、破損したコンクリート塀の撤去といった、マンパワーが必要とされる現場での活動に終始しました。

大きな母屋とそれに付随する農業用納屋が建ち並び、出会う住民の方々も年齢層の高い方々が多いという、町中心部とはまた違った環境での被災状況は、今回の訪問で絶対的なマンパワーの不足を感じると同時に、いろいろと考えさせられることも多くありました。
地区の外れでは、仮設住宅の建設が進んでいます。テント生活などを強いられておられる被災者の方々には、一日も早く、畳の上でゆっくたり過ごせる時間を取り戻して欲しいものだと思います。

今回の益城町でのボランティア参加で、ボランティアに入る入口は、各行政区分の社協が設置したボランティアセンターだけではない、ということを正直言って初めて知りました。また行政も全てをカバーしきれていない、ということも知りました。ボランティアの需要に応えたいと思う篤志は、行政が窓口となっているボランティアセンターにだけ目を向けるのではなく、その陰で行政に頼れず(たとえ頼っても行政も余裕がないのでしょう)物資と人手不足に悩みながらも支援活動を行なっている民間のNPOにも、もっと目を向けねばならない、と分かった3回目の益城町訪問でした。

追伸:今回お世話になった、東無田地区に入っているNPO法人「RQ九州」では、引き続きボランティアを募集しておられます。参加の場合は、RQ九州ウェッブサイトにて事前登録なさってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す