Windows10駆け込みアップデート

Windows7や8のシステムトレイに、小さな Windows のアイコン(Windows 10 入手アプリ)が表示されていれば、そのままアップデートに進めますが、過去にアップデート通知を拒否していたり、 Windows7や8をインストールした直後では、そのアイコンが出てきません。
Windows10無料アップグレードガイドのサイトを開けば、アップグレードのボタンが用意されているので、小さな Windowsアイコンが出ていない状態で、手動でアップグレードするならば、このページのボタンをクリックするのが、一番手っ取り早いでしょう。

弊社では、倉庫にWindows7や8のインストーラーが、いくつか売れ残って眠っていたので、とりあえずWin10のプロダクトキーだけでも入手しようと、数日前から慌てて、インストール&アップデートを行なっていたのですが、やはりインストールした直後だと、 アップデート用のWindowsのアイコンが出てきません。
そのため最初は、このMicroSoft社の無料アップデートサイトを利用してWindows10に上げていたのですが、サーバーが混雑しているのか、それだと、やたらと時間がかかります。
ネット経由でそのままアップデートできれば、時間がかかる代わりに手間は楽だったのですが、今はもう小さなWindows のアイコンが現れるのを待っている余裕もありません。
幸い、Windows10インストーラーDVDのイメージファイル(ISOファイル)は、今もMicroSoftの公式サイトからダウンロードできます。明日、明後日と締切が迫ってくれば、サーバーの混雑も激しくなってくるでしょうから、オンラインでのアップデートは、さらに時間がかかるようになるかもしれません。
このISOファイルをダウンロードしておけば、ネットに頼らずともアップデートできますから、もしこれから駆け込みアップデートをしようと思っている方は、ここから、ISOファイルを落として、DVDに焼いておきましょう。
焼いて作ったWindows10インストーラーDVDを使ってアップデートすれば、「更新ファイルを探す」をスキップすることもできるので、オンラインでアップデートするよりも、かなり早くアップデートできます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す