IMEI番号から、iPhoneのアクティベーションロックが、解除されているか掛かっているかを教えてくれるページが、iCloudサイト内にあったのですが、昨日(1月28日)から、そのページが消えてしまって、アクセスしても「iCloud内にそのページが見つかりません」と出るだけになってしまいました。
弊社も古物商許可を持っているので、iOSデバイスの買い取りの際には、ロックがかかっていないかどうかを簡単に確認できる手段として重宝していたのですが、アクティベーションロックの有無が確認できないとなると、これからは、手放される方の目の前でロック状態を確認するしかないかもしれません。事前に査定をすることができませんから、宅配便で送っていただいても、万が一の時には、着払いで送り返すことになりますから、現実的には、送っていただいての買い取りは、お断りすることになってしまいます。
これからは、中古iPhoneのマーケットをAppleは、認めないと言う姿勢なのでしょうか? そういえば最近は、格安SIMキャリアなどから、中古の整備済みiPhoneが売られるようになったりしています。海外では、Apple積極的に整備済みiPhoneを売ってる国もあります。日本でも、iPhoneは中古になっても、その価値はAppleで独占しようとしているのでしょうか?