iPhoneアクティベーションロック確認ページ削除 続報

先月、iPhoneのアクティベーションロック状態をIMEI番号で確認できるページが、削除されましたが、
どうもその原因は、iPadの不正なロック解除に使われていたため(英文サイト)らしいという記事が、ネット出ていました。
IMEI番号がiPadから取り出したROMをライターで書き換えてからiPadに戻すという手口のようで、その際に使えるIMEI番号を調べる手段として、Appleが提供するロック状態の確認ページが使われていた、とのことです。
最初は、Appleが中古市場の独占を目論んでいるのかとも思いましたが、そこまでブラックではなかったようですね。でも中古市場に、特にオークションでの売買には、大きな影響を及ぼし続けそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す